蜑阪∈
谺。縺ク

中国語の学習が日本経済に影響する

日本経済としての所得格差は開きを示す一方で、中国なども今では経済大国としてアメリカなどと対等に渡り合える実力がついてきています。
そのために日本と同じように所得格差が広がりを見せているので、海外留学や旅行を含めた渡航者というのは増加している傾向です。
こういった世界経済の流れから見ていくと日本は大企業から中小企業という形で経済が作られている事情もあり、海外からの資本提携はしやすいという見方が大半でした。
そのために小さな部品などは中国企業との提携をすることで工場などを稼働させてもらい、結果的なモノづくりではメイドインジャパンという方向でも作られてきました。
中国語を理解して学習する機会が増えてきているのは、そういった背景からビジネスでも必要不可欠な言語になっていることがわかるからです。
中国語を話せることのアドバンテージは大きく、これからの学習で日本経済において中国とのパイプは発展性を高めるための経済的な政策の一つといえます。

Page Top